注目キーワード
  1. 青春18きっぷ
  2. 乗車記
  3. 関西地方

【関門連絡船】たった400円で楽しめる海の旅!唐戸市場に行くなら便利!

Relax Alone Travelという外国人向けのチャンネルで撮影者として採用いただきました。

そこで私が撮影してきた動画の中で、今回はたった400円で海の旅を楽しめる関門連絡船を紹介したいと思います。

関門連絡船はその名の通り福岡県の門司港から山口県の下関を結ぶ連絡船。

ここの距離は最も短いところで2000mほどしか離れてないと言われ高速道路では関門橋、有料道路や徒歩では海底を走る関門トンネルがかかっています。

また鉄道も門司駅を出発してからは関門トンネルを通って下関駅に至るようになっています。

この福岡県と山口県にかかる海を渡るには橋かトンネルというのが一般的な手段ですが、実は連絡船もまだ残っているのです。

それが今回紹介する関門連絡船。

JR の門司港駅すぐ横にある連絡船乗り場から唐戸市場がある山口県唐戸までを結びます。

関門トンネルや関門橋の場合、JRの場合、唐戸には直接アクセスすることができないので唐戸市場に行きたい方にはお勧めの移動手段です。

このように関門橋の麓である壇ノ浦古戦場の名称から唐戸市場までは1.6キロ程度離れているのでこれを移動することなく直接唐戸市場に行けるのは結構便利です。

この海を渡る超短時間の海の旅、所要時間は約10分程度。

動画では乗船から向こう岸の唐戸市場に着くまでをノーカットで撮影しています。

この船は小型の連絡船に見えてそこそこのスピードが出ます。船の上のデッキに出ることでその迫力と潮風を感じることができるので気分爽快です。

途中はこのように海の上から関門橋が綺麗に見えます

運賃は片道400円。

動画では福岡県側の小倉駅から出発しているため、小倉駅-門司港間の電車の運賃も入れてタイトルでは610円と書いています。

向こう岸の唐戸市場は新鮮な魚介類やお寿司が食べれることで有名な観光地。

この日はゴールデンウィークの真っ只中だったのですが案の定多くの方が訪れる寿司を買い込み海辺で海を眺めながら食べていました。

観光客でごった返す唐戸市場

ゴールデンウィークぐらいの季節はお日柄もちょうど良く、しかもこの日は絶好の好天だったので海を眺めながらのお寿司は最高でしょうね。

最新情報をチェックしよう!