CATEGORY

ネイティブイングリッシュ

  • 2021年9月18日
  • 2021年9月18日

【返品方法を紹介】ネイティブイングリッシュは開封から90日以内は返品可能!

ネイティブイングリッシュは”使用後”であっても「90日以内」であれば返品することで返金してもらうことができます。方法はメール1本でOK!特に返品理由を聞かれることもありません。中古品や転売品は返金に応じてもらえないので、ネイティブイングリッシュを買う際は新品を購入するようにしましょう。

  • 2021年9月18日

【英語学習法】リスニング力を高めるためには音読&シャドーイングがオススメ!

ネイティブイングリッシュやスピードラーニングなどのリスニング教材を効果的に利用するためには音読やシャドーイングと言った勉強法が効果的です。特にシャドーイングでは英語の意味のカタマリ(主語や動詞、従属節など)を意識しながら音読する必要があるので、リスニング力の向上とともにスピーキング力も鍛えらえます。

  • 2021年9月18日

スピードラーニング vs ネイティブイングリッシュ|双方の口コミをまとめてみた 

ネイティブイングリッシュとスピードラーニングの口コミやレビューを様々なサイトから集めました。さらに実際に両方使っている私がコメントを追記しています。スピードラーニングは難易度が高く、スピーキングには向かない、テキストが雑。ネイティブイングリッシュは難易度低めで、スピーキングにも対応しているといった利点があります。テキストも丁寧です。

  • 2021年9月18日

【子供の英会話は何歳から?】あなたの子供をバイリンガルに育てるには?

子供に早い段階から英会話学習を課すのは日本語と英語の習得というマルチタスク状態を課すことになりかなりの負担になります。また、マルチタスクを処理できず、言語がどっちつかずの状態になる「セミリンガル」も懸念されるところです。お子さんの英会話学習は最低でも小学校高学年以降にしましょう。

  • 2021年9月18日

【ネイティブイングリッシュ】ニュアンス解説CDは画期的な英語学習教材!

ネイティブイングリッシュには大きく4種類のCDがあります。リスニング用CD、スピーキング用CD、英語のみのCD(ナチュラルCD)、そしてニュアンス解説CDです。このページではニュアンス解説CDを紹介しています。ニュアンス解説CDは元有名ラジオDJのマイケルさんが視聴者からの質問に答える形で英語のニュアンスを解説する内容でFMラジオのように聞けるので楽しく英語の表現の幅を広げることができます。

  • 2021年9月18日
  • 2021年9月21日

スピードラーニングの解約方法

スピードラーニングは1巻5,100円からとかなりの高額教材です。そのため、金銭的に苦しいと思ったら途中解約しましょう。スピードラーニングは16巻までを1区切りとして取り扱っているそうなので、16巻で一度退会、もしくは休止を検討することをオススメします。解約の方法は電話のみでお客様番号が必要になるので、忘れずにメモしておきましょう。

  • 2021年9月18日

なぜ聞き流し学習が効果的なのか?その秘密は周波数にあった!

日本人が英語のリスニングを苦手とする原因の1つに英語の周波数が挙げられます。英語は日本語に比べて破裂音、摩擦音が多いので周波数が高くなる傾向にあるのですが、日本人これに慣れていないため聞き取れません。そこで効果的な学習方法が聞き流しです。英語をとにかく”聞きまくる”ことで英語の耳に慣らしていきます。ネイティブイングリッシュという教材がテキストも丁寧でボリュームもあるのでオススメです。

  • 2021年9月18日

ネイティブイングリッシュを紹介【スピードラーニングよりも格段に安い】

ネイティブイングリッシュはスピードラーニングとは異なり、1回買い切り型の英会話教材で値段は29,800円となっています。二段階再生速度機能や丁寧なテキストで評判の良い教材です。CDは21枚、録音時間は23時間にも及び、容量は2.4GB!これだけのボリュームがあれば様々な英語表現を学習できますし、英会話マスター間違いなしです!

  • 2020年2月8日
  • 2021年8月22日

聞くだけでペラペラ系の教材は誇大広告か?

聞き流し教材を使って英語を聞きまくっても英語が話せないのは2つの原因があります。1つ目はリスニングで音が聞き取れるだけで、意味が聞き取れていない場合(=語彙力不足)と2つ目は応用力不足です。リスニング力を鍛えても勝手に語彙力が上がるわけでもありませんし、文章作成力がつくわけでもありません。ここではそれらに効果的な勉強法を紹介します。