SEARCH

「TOEIC」の検索結果27件

  • 2021年9月21日

【英語学習】聞くだけでペラペラは嘘?スピードラーニングは誇大広告なの?

スピードラーニングに代表される英会話教材の謳い文句「聞くだけでペラペラになる」は誇大広告でしょうか?確かに、聞くだけでペラペラになるは考えられませんが、①英語の周波数に慣れて微妙な違いが聞き取れるようになる、②大量の英文パターンを暗記できるので応用する下地ができる。といった利点があります。このページではリスニング教材の効果的な使い方についてご紹介します。

  • 2021年9月18日

【英語学習法】リスニング力を高めるためには音読&シャドーイングがオススメ!

ネイティブイングリッシュやスピードラーニングなどのリスニング教材を効果的に利用するためには音読やシャドーイングと言った勉強法が効果的です。特にシャドーイングでは英語の意味のカタマリ(主語や動詞、従属節など)を意識しながら音読する必要があるので、リスニング力の向上とともにスピーキング力も鍛えらえます。

  • 2021年9月18日

スピードラーニング vs ネイティブイングリッシュ|双方の口コミをまとめてみた 

ネイティブイングリッシュとスピードラーニングの口コミやレビューを様々なサイトから集めました。さらに実際に両方使っている私がコメントを追記しています。スピードラーニングは難易度が高く、スピーキングには向かない、テキストが雑。ネイティブイングリッシュは難易度低めで、スピーキングにも対応しているといった利点があります。テキストも丁寧です。

  • 2021年9月18日

【子供の英会話は何歳から?】あなたの子供をバイリンガルに育てるには?

子供に早い段階から英会話学習を課すのは日本語と英語の習得というマルチタスク状態を課すことになりかなりの負担になります。また、マルチタスクを処理できず、言語がどっちつかずの状態になる「セミリンガル」も懸念されるところです。お子さんの英会話学習は最低でも小学校高学年以降にしましょう。

  • 2021年9月18日

なぜ聞き流し学習が効果的なのか?その秘密は周波数にあった!

日本人が英語のリスニングを苦手とする原因の1つに英語の周波数が挙げられます。英語は日本語に比べて破裂音、摩擦音が多いので周波数が高くなる傾向にあるのですが、日本人これに慣れていないため聞き取れません。そこで効果的な学習方法が聞き流しです。英語をとにかく”聞きまくる”ことで英語の耳に慣らしていきます。ネイティブイングリッシュという教材がテキストも丁寧でボリュームもあるのでオススメです。

  • 2021年9月18日

【元祖聞き流し教材】スピードラーニング英語の紹介

スピードラーニングは聞き流すことから始められる英会話教材ですが、収録された内容もアメリカでのチップの相場やぼったくりタクシーに騙されない方法などためになるものが多いです。CD版だと月額5,100となりますが、デジタル版は月額3,800となるのでスピードラーニングはデジタル版の方がお得です。

  • 2020年2月24日
  • 2021年8月22日

To see is to believe と Seeing is believingは同じ?不定詞と動名詞の違いを解説!

学校では「百聞は一見に如かず」の表現としてseeing is believingとto see is to believeの2つの表現を学習しますが、どちらが「百聞は一見に如かず」の訳語として適切なのでしょうか?不定詞と動名詞のそれぞれのニュアンスの着目しながらニュアンスの違いを学習しましょう。

  • 2020年2月8日
  • 2021年8月22日

聞くだけでペラペラ系の教材は誇大広告か?

聞き流し教材を使って英語を聞きまくっても英語が話せないのは2つの原因があります。1つ目はリスニングで音が聞き取れるだけで、意味が聞き取れていない場合(=語彙力不足)と2つ目は応用力不足です。リスニング力を鍛えても勝手に語彙力が上がるわけでもありませんし、文章作成力がつくわけでもありません。ここではそれらに効果的な勉強法を紹介します。