onの意味は「上」じゃない?本当の意味を知って賢く勉強

中学生でonという前置詞を習うときほとんどの人が「〜の上にと習ったのではないでしょうか?確かにその意味もありますし、否定はしませんが、本当のコアとなる意味は「〜の上にではないのです。本当の意味を知って上手に使いこなしましょう。

onの本当の意味は「接している」

さて、もったいぶらずに結論から話しますが、onのコアとなる意味は「接している」です。

例えば、TOEICのpart1(写真を見て正しい描写を選ぶ問題)では、このような表現が頻出します。

A clock is hanging on the wall. (時計が壁にかかっている)

a clock is hanging on the wall.

これで、「onの意味は『〜の上に』。壁に掛かっている時計は上じゃないから、間違い!と判断してしまう人が多いです。非常にもったいない。

繰り返しますが、onの意味は「接している」です。方向が上であろうが、横であろうが、下であろうがonは使えるのです。

POINT
onの意味は「接している」

語源は電気のスイッチから

onが接しているという意味を持つようになった語源はスイッチです。

スイッチは中に金属製の板が2枚入っており、それが触れ合うと通電しスイッチが入ります。そういうわけでスイッチを付けることを「スイッチオンというのです。逆にスイッチを切ることは「スイッチオフといいますよね。つまり、offのコアとなる意味はonの逆、「接してない(=離れている)」です。

スイッチの仕組み。http://dende777.fc2web.com/ziten/34sw/34sw.htmlより

on the wallとoff the wall

ここでいうwallとは文字通り「壁」のことです。

転じてoff the wallは「壁に添っていない人=風変わりな人」という文脈で用いられることがあります。

日本語でも「敷かれたレールの上を行く」なんて言葉がありますが、英語ではレールではなく、壁を用いるようです。

つまり、敷かれたレールの上をいくのはon the rail(ルール通りの人)、敷かれたレールの上を行かない人はoff the rail(ルール通りでなく、風変わりな人)といった意味になりますね。

ちなみにですが、マイケルジャクソンの曲にoff the wallという曲があります。ルールに縛られるようなことは辞めて、自由に、ときには風変わりに(=off the wall)に生きようぜ!といったメッセージのある曲です。

この動画では”Live your life off the wall”を「殻を破ろう」と訳していますね。

 

 

今回はonとoffの本当の意味について紹介しました。ためになればコメントやSNSでシェアしてくださると励みになります。ここまで読んでいただきありがとうございました。

on 意味
最新情報をチェックしよう!